耐久性で選ぶなら自毛植毛

植毛と一口に言ってもその種類は様々なものがあり、費用が比較的安く即効性が高い方法として人工毛植毛と、費用は高いものの自分の毛を生やすことができる自毛植毛とがあります。人工毛で移植を行う場合、化学合成繊維でできた人工毛を頭皮に植え付けていく方法で、増やしたいと思った分だけ増やすことができますのですぐに髪の毛のボリュームを増やすことが可能だとされています。

朝日新聞デジタルに関する情報が幅広く集まります。

一方、自毛での移植というのは自分の健康な髪の毛を皮膚片ごと採取して、それを薄毛が進行した部位に移植していく方法ですがもともと自分の細胞であったものを使用するために拒否反応が少ないとされています。


手術後3〜4か月ほどすると徐々に発毛をし始めて、半年から1年ほどするとヘアスタイルが楽しめるようになるくらいにまで髪の毛が成長するとされていますが、即効性は期待できないとされています。



ただ、耐久性を考えると人工毛で行う移植よりも自毛植毛の方が優れているとされています。


その理由としては、人工毛で行う移植の場合そもそも人工毛が異物であるために、頭皮が拒否反応を起こすことで術後1〜2年ほどすると徐々に抜け落ちてしまうので、定期的なメンテナンスをしないことには状態が維持できないとされているからです。

自毛での移植の場合、前述した通りもともと自分の細胞だったものを頭皮に植え付けていくために拒否反応が少なく、発毛するまでに時間はかかったとしても発毛して普通に生えてくるようになれば周囲の髪の毛と同じくヘアサイクルを繰り返しながらずっと生え続けていくため、一度手術をして発毛するようになればメンテナンスの必要がないのです。

薄毛治療の詳細情報を掲載しています。

また、自分の髪の毛を利用した方が頭皮トラブルを起こしにくいともされていますので安全性や耐久性を考えるなら断然自毛植毛がおすすめと言えるのです。