自毛植毛の際に起こるショックロス現象とは

自毛植毛は薄毛改善法の中でも非常に効果が高い治療法として注目を集めています。
投薬治療のような副作用がほとんどなく、また術後のメンテナンスの必要もないので安心して治療を受けることができる方法として画期的と言えます。



ただ、自毛植毛を行うことにメリットがあれば当然デメリットも存在するのも一般的です。

自毛植毛の手術を受けた後、術後1〜2か月ほどするとショックロスという現象が起こるとされていますが、これはどういった症状なのかご存知でしょうか。

ショックロス現象とは、術後に移植した髪の毛が局所麻酔の影響や頭皮に起こる軽い炎症反応などによって一時的に脱毛状態が起こることを指します。


もちろん、植毛をしたからと言って必ずこのような現象が起こるというわけではありませんが、脱毛の症状が出たことで手術に失敗したのではないかと不安になる人も少なくないとされています。

また、麻酔や頭皮への刺激による反応によって起こるという説以外には、次の髪の毛が生えてくる準備段階に入ったために脱毛したという説もあるとされています。

有望なlivedoorニュース関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

そのため、ショックロス現象が起こってからその後普通に毛が生えてくるようになればあまり問題視することはないと言えます。


しかし、脱毛の症状が出てからその後産毛のような毛が生えてくることもなくむしろ脱毛の症状が進んできたという場合には、手術を受けたクリニックで診てもらうのが良いと言えるでしょう。
植毛は、副作用は基本的にないと言われているもののいきなり脱毛の症状が出てしまうと慌ててしまう人もいると思われますので、もしその症状が出た際に慌てないようにするためにもショックロス現象のことについて把握しておくのが良いと言えるでしょう。