80年代の植毛治療であるスカルプ・リダクションとは

現在植毛治療には様々な種類があり、その中でも最近の治療は自分の髪の毛を利用して行う自毛植毛が主流とされています。

マイナビニュース情報を参考にしましょう。

しかし、今から一昔前である80年代初頭には植毛治療の一環としてスカルプ・リダクションという手法が採用されていたことをご存知でしょうか。



スカルプ・リダクションとは、薄毛の状態が進行しすぎてしまい毛根細胞親しんでしまった皮膚の部分を切開して除去し、その周囲の皮膚を引っ張って縫合するという方法です。

美容医療などで良く行われるフェイスリフトなどに似た方法とも言えますが、簡単に言えば使い物にならなくなった毛根細胞のある皮膚を切り取って最初からなかったことにしてしまおうという手法です。

薄毛情報を集めたサイトです。

スカルプ・リダクションのメリットとしては、植毛のように発毛する期間を待つことなく物理的に薄毛の部分を切除してしまうので即効性が高いということです。
また、皮膚を切り取ってから縫合するまでの治療時間が非常に短くて済むことから患者の体への負担が少ないこともメリットと言えるでしょう。
デメリットとしては、切り取った部分を埋めるために周りの皮膚を無理やり引っ張るために、頭皮への刺激となったり圧力がかかって皮膚が引っ張られ過ぎて頭皮の毛根細胞が死んでしまうなどのストレッチバックなどの現象がたびたび起こったとされています。この方法は頭皮への負担が大きく帰って薄毛が悪化することも十分に考えられるため、現在ではあまり採用されていない方法です。

その点、自分の髪の毛を利用する自毛植毛は自分の髪の毛を移植して髪の毛を生やしていく方法ですので、確実に髪の毛を生やす事ができると言えます。

もう薄毛を気にする人生とはさよならしたい人は一度検討してみてはいかがでしょうか。